GVPとは
GVP→製品の安全性に関すること
GVP:Good Vigilance Practice 安全管理の基準
GVPとは、「製品の安全」に関することを定めた取決めです。
「これは有害作用ではないか?」という情報を収集・検討し、どのような対応をするのか、ルールを決めたものです。

化粧品の場合、重い副作用・有害作用が起こる頻度は比較的低いと思われますが、決してないわけではありません。
「肌がかぶれた」、「かゆみを感じる」などの有害作用は起こり得ます。
また、専門誌や研究論文などで成分の有害作用について発表されることもあるかもしれません。

万が一に備え、有害作用による被害をできるだけ少なくするために、あらかじめ対応を決めておく必要があります。
GVP業務(安全確保業務)の手順に関する手順書
安全管理情報の収集
安全管理情報の検討及びその結果に基づく安全確保措置の立案
安全確保措置の実施
(安全管理責任者から総括製造販売責任者への報告手順を含む。)
製造販売後安全管理に関する業務に係わる記録の保存
その他、製造販売後安全管理に関する業務を適正かつ円滑に実施するために必要な業務